をうまく使って

未来を拓く

​夢を叶える

Message

私たちが感じる可能/不可能の分岐点は、不確かな思い込みによってつくられていることが多いものです。

気分や体調の良し悪しによって、ある時には可能だと思えたことも、時として不可能に感じたりする

…それが私たちの脳です。

幼い頃に鉄棒で逆上がりが出来なかった時の 『難しい』 と云う意識も、ひとたび出来てしまうと、もうそんなことは 『出来る!』 と考えるようになる脳…。

人前で話す事なんて 『無理!』 と思っていても、そうした機会を何度も繰り返すうちに、いつしか 『何でもない事』 に思えたりする脳…。

つまり、この脳が感じる世界は、過去の経験の中でどんな感覚や感情を味わったかと云う《脳が経験した見方》次第で変わっていくのです。

上手くいくことを多く経験した脳は 「きっとうまくいく」 と可能性を見出し、上手くいかないことを多く経験した脳は 「どうせ無理」 と絶望的に考えるでしょう。

これは性格と言うよりも、脳の反射癖なのです。

いつも身近に起きていることの影響を無意識に受けて染み付いていく 《脳の癖》 と言えるわけです。

こうした人の持つ考え方や思考の癖は個性とも言えますが、それによって、可能性を閉ざしてしまうようであれば、決して良い個性とは言えないでしょう。

本来の高性能な脳力を発揮する上で理解すべきことは、

《知ること》 と 《出来ること》 は別の話だと云うことです。

言葉で学ぶことはとても大切ですが、同時に脳が味わう刺激があってこそが、強烈かつスピーディーに脳の癖に変化を与えます。

その刺激的体験によって脳をひらくことが私たちのミッションです。

『私の中に、もともとこんなに凄い力があったんだ!』

と、実感する世界観を味わいませんか!

日常の出来事の良し悪しに感情や思考を支配されてしまうことなく、常に現実の中に意義や価値を気持ち良く感じ取る脳力は、単に心を安定させるだけではなく、人生を豊かな成功に導くものになるでしょう。

さあ、可能性の扉を開きましょう

瞬間記憶のデモンストレーション

自己啓発、脳、受験、 | ラッキーブレインズ株式会社 | 日本

セミナー予定
レベルアップ講座
予 定
記憶力レベルアップ講座
記事リスト
記憶法トライアル講座