企業人材を育成する

経営者が抱える悩みや課題と言えば…

​健全な会社経営をしていこうとする中には、様々な悩みや課題が沸き起こってきます。又、世の中の時流や社会環境の影響を受けながらも発展に導く強い会社をつくる取り組みは、企業にとって欠かすことはできせません。

​多くの企業が抱える課題の中心と言えば…

● 売り上げが伸びない

● 資金繰りが出来ない

● 優秀な社員が確保できない

● 組織内の人間関係が良くない

● 社員とのコミュニケーションがとれない

● 社員の意識・意欲が低迷している

● 社員の育成が出来ない

こうした悩みや課題をよく眺めてみてわかる事は、社員が活躍すれば売り上げを伸ばすことも可能であり、となれば資金繰りも同様に社員の活躍次第でうまく回るようになるということです。又、社員が経営者感覚で会社の成長に貢献することで、新規事業への積極的なアプローチにも拍車がかかるでしょう。さらに、こうした売り上げ・資金繰り・新規事業以外の課題は「人」に関わる課題になっています。

つまり、これらの課題を解決するカギは、すべて人材の「変化」にかかっているのです

会社を機能的に発展させていく上で最も重要なのは、いかに社員の脳力を気持ち良くマネージメント出来るかであり、何よりも最優先すべき課題なのです。

 

しかし残念ながら、人材育成が大事だと知っていても現実的な目の前の業務が優先されていたり、革新的な仕組みを取り入れたとしても、仕組みを動かす社員が機能しなくては決して会社は変わりません。

 

会社が変わり、経営者が抱く課題や問題を解決する為に、何よりも最優先すべきは社員一人一人が仕事の価値と意味を知覚し、仕事を通して社員自らが存在価値と自己の成長を実感できるように導く人材マネージメント体制なのです。

仕事の目的が収入を得るということに終わらず、更なる価値や喜びを得られるものに育てていくことが、経営者の役目であり会社という場です。会社の発展と社員の幸せをイコールにして、社員の成長を心から願う経営者にとって《働き方が変わる脳力マネージメントテクニック》は強烈な力になるに違いありません。

​企業研修の役割と価値

企業研修には新入社員研修や役職等に応じたスキルアップ研修など、その内容は多岐に渡ります。ただ、どんな研修であっても共通する目的は、一人一人の社員が担う職務環境のもとで、価値ある役割を果たす人材へと成長を促す「人材育成」なのです。会社がその方針を定めて積極的に研修を実施していくことは、人材の成長に伴う企業の成長を考える上で非常に重要と言えるのです。

 

企業研修の一番の価値は、ひとことで言い表すならば変化を体験することに尽きます。

と言うのも、成長に必要な情報は、書物やネットや講演会等からいくらでも集めることができるでしょう。企業研修においてもテクニックや方法論を提供することはできます。しかし、情報を与えさえすれば社員の成長につながるかというと、決してそうではありません。

   それは何故か?…

 

私たち人間は理論や情報では変化せず、感情を伴う脳の《体感》によってこそ変化する存在なのです。

共感と体感を伴う研修だから価値がある

オーダーメイドな研修だから威力がある!

ここで提供する企業研修は、こうした視点に基づいて内容を会社毎にアレンジし、それぞれの会社の目的を達成するための適正なルートをデザインします。さらに、単に受講者が講義を聞いて過ごす「聴講者化」させたままでは間違いなく変化は起きません。そこで本研修では「聴講者をエキストラ化」し、まさに体感によって人材の変化につなげることが最大の特徴です。

 

研修による変化を期待するなら、いかに共感と体感を生むプログラムであるかがポイントとなるのです。

ご要望をお伺いの上、必要な資料等をご準備致します。

各種研修コンテンツ

 リーダーシップ力は役職者はもとより、どの社員にも求められる力です。それは積極的かつ効率的に仕事に向かい、高い成果を出していく組織の機能性を内発的に高めていくことになります。

 優れた組織には、優れたリーダーシップを発揮する人材が必ず存在します。そうした人材を育成する役職者研修として、あるいは立場や役職に関わらず経営者のビジョンに共感し、力強く仕事に向かう社員の育成に最適な研修と言えるでしょう。

リーダーシップ養成

Fotolia_242075653_S.jpg

 どんな仕事に遂行するにも、何の悩みもなく全てがうまくいくわけではありません。業務そのものや対人関係における問題が起こったり、あるいは経験のない事に挑戦する場合には当然課題を抱えることもあるでしょう。そうした時には、その問題や課題をクリアしていく発想力・実行力を含む思考スキルがなければ立ち行かなくなります。

 この思考スキルはテクニカルなスキルとは違い、人間としての質にも見えるものですが、実はれっきとした技術なのです。

課題解決力養成

Fotolia_121002772_S.jpg

 社員の離職や組織が十分に機能しない大きな理由の一つに、コミュニケーション不良があります。人間は感情の生き物であるために、正しさよりも感情による反応の影響を強く受けます。

 コミュニケーションのあり方を実践的に学び、気持ちの良い対人関係を築きながら、お互いのパフォーマンスを引き出し合う組織風土は、ますます組織を安定させていきます。

コミュニケーション力養成

Fotolia_271386023_S.jpg

 企業にとって優れた人材を採用していくことは最大の課題であり、その中でも応募者に関する十分な事前情報が無い中で採用しいくケースでは、面接の技術が特に求められます。わずかな面接で、自社とマッチングする人材であるかどうかの素地・気質を見極め、採用後のトラブルを予防するためには、面接の技術が必要なのです。

 経験と勘による採用では安易な離職を招くことにもなり、社員の定着が図れなければ、常に人材募集のためのコストや労力を取られかねません。

人材を見極める面接技術は会社として必須のスキルです。

採用面接力養成

 組織構造を整えることが重要であることと同じく、組織文化を構築することは、会社を発展させていく上では両輪と言えるでしょう。又、組織文化はトップダウンで示されることが全てではなく、業態や社員などの属性によって変化しながら出来上がっていくべきものです。

 したがって、「こうあるべき」より「こうありたい」を社員と共に創り出す過程が極めて重要となります。そうして出来上がった文化は、組織全体の取り組み方や関わり方などの共感の得られた流儀になっていき、会社に活力を与えていくことになります。

独自の企業文化構築

ご要望をお伺いの上、必要な資料等をご準備致します。